~☆今日のBuzzword!from BBC☆~ "Curiosity"

~☆今日のBuzzword!from BBC☆~





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

NASA, USA's space agency, has announced that one-tonne robot rover called Curiosity successfully landed on Mars. Curiosity is to hunt evidence or condition to support life on Mars.

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□






【Today's Buzzword】


"curiosity"

……

【名】

1.好奇心、詮索好き

2.珍しい物[存在]



"Curiosity"

……

【名】

《宇宙》キュリオシティー◆Mars Science Laboratoryの愛称。


(語義~英辞郎 on the WEB)





【Background Knowledge ~なぜ今それなわけ?~】


・最新技術を搭載した重量およそ1トンのジープのシャシーのような自走ロボットが火星着陸に成功

・これから少なくとも2年にわたって火星で生命の証拠を探すミッションが開始、上手くいけば10年以上は運用可能か

・ダストカバーのレンズキャップ越しの映像が既に地球に送られてきている

・NASAにとって四番目となる火星探査ロボットの"Curiosity"はツイッターのフィード機能も備えている

・2010年にObama大統領は、2030年代半ばを目標に有人火星探査計画などの宇宙政策を発表




【Comment】


宇宙開発に対して反対する意見を採用する方も多いことだと思います。社会福祉政策などが充実していない現実に直面しているなか、こういった巨大な予算(今回の探査ロボット自体$2.5bnも費用がかかっているとのこと)を投入することに対しては反対、という立場で一貫して通すのであれば、それはそれで非常に強いアーギュメントになると思います。一方で、フロンティア・スピリットの伝統を引っ張ってきて、新しい科学的知見の価値や、将来の人類の活動域拡大の冒険的価値を強調する立場にも、それなりの説得力を持たせることも可能でしょう。特に賛成の立場をとる場合は、こういった科学的なトピックの場合、具体的な成功事例などの例証をしっかり持ち出せるかどうかが成功のカギを握ることになるのではないかと思います。日本の宇宙開発でも「かぐや」や「はやぶさ」のケースなどもありますね。





~☆今日のBuzzword!from BBC☆~ 

Topic : 英語・英会話学習 - Genre : School

Comments

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks


Use trackback on this entry. URL

検索フォーム
メルマガコーナーはこちら!
最新記事
プロフィール

evangelista

Author:evangelista
日本人英語学習者の立場・視点から、主に英語テストを通じて実用に耐える英語運用能力を身につける手法を追及しています。

このサイトは英語スピーチに必要な語彙と表現力、論点とアイデアについて、ストックを増やしていくための場所です。

英語学習法や各種テスト攻略法についても取り上げます。ちょくちょく更新していきます。

E-Mail: ecafecall@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking