2012年第2回 英検1級一次試験を受けてきました!

~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~

英語スピーチのネット講座はじめました!

http://www.knowledge.ne.jp/lec2046.html

~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~





今日は2012年度第2回目の英検でしたね。受験された皆さま、おつかれさまでした。


本日、私も某会場で受けてきました!


いやあ、さすがに終わった後は、ぐ~~~ったり疲れますね。試験によって、微妙に「ぐったり感」がちがうような気がするのですが、単なる気のせいでしょうか。


出題内容について、簡単にレビューしておきたいと思います(ちなみに、英検1級の試験時間は、筆記100分・リスニング約35分です)。


1番目の語彙問題ですが、ここ数年の過去問とダブらないように、巧妙に選ばれた語彙が出題されていた印象ですね。


2番目の読解問題は、"The Faces of Nero," "Cooking and Early Humans," "Albania: An Explosive Legacy," "The Dreyfus Affair," "The Fight over Conflict Diamonds" といった表題の、なかなかに興味深い素材からの出題でした。


世界史の知識をお持ちの受験者と、そうでない受験者との間では、問題から受ける難易度の第一印象がかなり異なるのではないか、とも思いました。


最近の世界情勢についての時事英語をフォローすることに加えて、基礎的素養として「世界史」的な一般教養知識を一通り仕入れておくことで、さらに英検1級対策の質が上がると言えるのではないかと思います。


留学を考えている方にとっても、これは大変重要なポイントになるのではないかとも思います。


3番目のEnglish Compositionでは、"Agree or disagree: Space exploration should be continued" という、超頻出の定番トピックが選ばれていましたね。


これも事前にしっかりと準備されている方にとっては、かなり楽勝なトピックだったのではないでしょうか。


あとはリスニングですが、個人的には今回はPart 4のロング・インタビューの内容(東京におけるミュージカル興行についての歌手インタビュー)が、聞き取り易くてやや簡単だったような印象です。他のパートはだいたいいつも通りといったところでしょうか。


受験者の出来を見て合格ラインの調整が行われることになりますが、79~81ぐらいに設定されることがここ最近では多いのではとも思います。


はたして今回はどれくらいのラインが設定されるでしょうか。


英検は準1級もとても使い勝手のいい語句が出題されますので、時間とふところに余裕があれば、同時受験もお勧めですね。レター・ライティングなどをいきなり振られると面喰うこともありますし。


一次の結果通知の後は、いよいよスピーチです。二次試験は11月11日です。


一次の合格不合格に関わらず、「使える合格」に最終的に到達することを目指して、着実にがんばっていきましょう!


こういった試験モノは、特に英語の場合、継続受験が大事ですよね。


合格後に勉強をやめたり、合格前に諦めたりするのは、非常にもったいないですから。





~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~

新しいボキャビルアプリ、「プチまな」はじめました!

http://pmana.jp/pc/pm539.html

~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~





ナレッジサーブ広告

Topic : 英語・英会話学習 - Genre : School

Comments

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks


Use trackback on this entry. URL

検索フォーム
メルマガコーナーはこちら!
最新記事
プロフィール

evangelista

Author:evangelista
日本人英語学習者の立場・視点から、主に英語テストを通じて実用に耐える英語運用能力を身につける手法を追及しています。

このサイトは英語スピーチに必要な語彙と表現力、論点とアイデアについて、ストックを増やしていくための場所です。

英語学習法や各種テスト攻略法についても取り上げます。ちょくちょく更新していきます。

E-Mail: ecafecall@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking