工業英検を受けてきました!

日曜日に工業英検(一次試験)を某所で受けてきました。





要約、和訳、英訳など、翻訳的要素が非常に強い試験で、


3C(Correct・Clear・Concise)的感覚+文体的センス


が問われるという意味では、非常にチャレンジングな「英検」の一つですね。英語の文章表現に凝っている方には向いているタイプのテストかもしれません。





昨日の試験では、理系・技術系のなかなか面白い英文のオンパレードでした。





特に"e-Sail"の話などは、それほど遠くない未来に惑星間宇宙旅行の実現可能性を感じさせるようなエキサイティングな出題文だったのではないかと思います。





過去問と比較すると、難易度はやや低めだったのではないでしょうか。「エネルギー保存の法則」といった、基本的な内容が英訳でも出題されていましたが、難易度が下がった分、採点基準が厳しくなることが予想されます。





理系・技術英語系統の非常に広範な語彙が問われるため、工業英検はボキャブラリーの範囲を広げたい方にとっては受験をお勧めしたいテストの一つです。





問題冊子は残念ながら持ち帰ることはできません(問題と解答用紙が一体となっているため)。国連英検と同じく、Writingでは自分の書いた英文ワード数をカウントすることが求められます(90・110語)。





120分で大問7つを捌かなければなりません。大問一つあたりにつき20分弱のペースで進んでいかないと、時間切れとなってしまいます。





英語学習に新たな刺激を求めている方、マンネリ化が嫌で新鮮な英文が読んでみたい方、まったく異なるジャンルの英語に接してみたい方、とにかくタイトルが一つでも多く欲しい方には、是非受験をお勧めしたいテストですね(笑)

Topic : 英語・英会話学習 - Genre : School

Comments

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks


Use trackback on this entry. URL

検索フォーム
メルマガコーナーはこちら!
最新記事
プロフィール

evangelista

Author:evangelista
日本人英語学習者の立場・視点から、主に英語テストを通じて実用に耐える英語運用能力を身につける手法を追及しています。

このサイトは英語スピーチに必要な語彙と表現力、論点とアイデアについて、ストックを増やしていくための場所です。

英語学習法や各種テスト攻略法についても取り上げます。ちょくちょく更新していきます。

E-Mail: ecafecall@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking